新米パパ&技術者による子育て話、おすすめ音楽トーク

新米パパの小さな発見手帳

子育て

太郎の初バースデー!

投稿日:2012年7月14日 更新日:

ついにうちの太郎が

1歳の誕生日をむかえました!

パチパチパチ!!

 

ふりかえれば、長いようで短かい1年間でした (なんか別れの挨拶みたいですが。笑)

太郎はさいわい大病にかかることもなく、大きなケガもトラブルもなくここまで来ることができました。

それでも新米パパママの私たちにとってはシンドい時期も何度かあって、ひいこら言ったり、いろんな人に助けてもらいながら乗り越えてきました。

芸能界にママタレがあふれ、育メンがブームになって久しいですが、そういうファッションとしての子育てのキレイな側面だけを眺めていた頃は、子育てに伴うドロドロ・モンモンとした部分は想像できませんでした^^

一見お気楽でのほほんと見える家族も、幸せ一色にしか見えないお父さんお母さんも、みんなそういう体験をそれぞれに乗り越えてきてるんでしょうね。

 

今日は日ごろの感謝を込めて、私と奥さんの両親(太郎から見ればじいちゃん・ばあちゃん)を呼んで、お祝いのお食事会をしました。

プチ高級な和食のお店の個室を取ったんですが、お店のイキなはからいで、頼んでもいないのに、記念写真を撮って人数分現像して渡してくれたんですよ。

しかも、毛筆手書きで「元気に育ちますように」のような文字まで書いてあって!

きっと、ちょうど私たちみたいなお祝いの席を設ける人が多いから、準備があるんでしょうね。感動しました。

ちなみに、写真と一緒に黄色いバラがプレゼントされましたが、黄色いバラの花言葉は「嫉妬」です。

店員さんは一体何に嫉妬したんでしょーか?

さては太郎のかわいさに嫉妬したな! (←めんどくさい親バカ)

 

ちなみに日本では昔から、一歳の誕生日に一升餅(一升のお米で作った餅)を子どもに背負わせるという風習があります。

一生元気でいられるように、一升餅、という縁起かつぎですね。

普段、日本古来の風習などまったく気にしない(^^;)私たちも、このときばかりはお餅を買ってきて太郎に背負わせました(ヒモでくくりつけた)

もちろん、つかまり立ちがやっとの太郎のこと。お餅を背負って立てるわけがなく、すぐ餅の下敷きになって泣き出したのでした(^^;

 

そんなこんなで一歳になった太郎を、これからもよろしくお願いします!

PR

PR

-子育て

Copyright© 新米パパの小さな発見手帳 , 2020 All Rights Reserved.