新米パパ&技術者による子育て話、おすすめ音楽トーク

新米パパの小さな発見手帳

子育て

絶好の行楽日和の中、保育園の運動会

投稿日:2012年11月11日 更新日:

昨日の土曜日は、最高の行楽日和でしたね。

うちの太郎の保育園では、ちょっと遅めの運動会があったので、家族+奥さんの両親(太郎のじいじとばあば)と一緒に見に行ってきました。

最近はすっかり秋も深まって寒い日が続いていたので、「11月の運動会なんて、大丈夫かなあ」と心配していましたが、この日の天気は雲ひとつない快晴。気温もあたたかく、絶好の運動会日和でほっとしました。

うちの太郎はまだ1歳3カ月なんですが、運動会ではいっちょ前に参加する競技があるんです。

開会式と準備体操、それから0歳児クラスの子が親と一緒に出る競技です。

開会式は奥さんが、親子競技には私が、太郎と一緒に参加しました。

太郎の初めての運動会での雄姿を見ようと、奥さんの両親(太郎のじいじとばあば)もかけつけてくれました。

じいじとばあばからビデオカメラも借りて、太郎の晴れ舞台をばっちりカメラに収めようと、私も奥さんも大はりきり。

 

しかし!

こういう日に限って、朝から太郎の機嫌が悪かった・・・。

その不機嫌ぶりといったら、ここ数カ月で最悪というくらいです。

朝、食事をするにも、お出かけの準備をするにも「うーー!」「ぎゃーー!」と大騒ぎです。

抱っこすると泣きやむけど、地面に下ろそうとすると、足がつく前から「うあーー!」と泣きまくります。

太郎はここ数日、ちょっと風邪気味で鼻水が出たりつまったりしてたんです。

そのせいで前日の夜にも何度か起きてしまったり、朝も早く目覚めてしまったりしたので、どうやら眠くて仕方なかったみたいです。

会場になった近所の小学校へ着くころには少しおとなしくなりましたが、開会式では今にも泣き出しそうな顔で母親にガッシリ!

奥さんは手足をとって準備体操をさせようとしますが、太郎は奥さんの脚にしがみついて体操どころではありません。

私と参加した0歳児競技は、紙で作った花だんに行って、お花を抜いて、親に高い高いしてもらって、ゴール、というものです。このときは、入場したときから大泣きです。

スタートラインで地面に立たせようとしたら、身体をのけぞらせて泣かれてしまいました(苦笑)

そんなわけで、ビデオカメラには太郎らしい泣き顔がたっぷり記録されたのでありました^^;

 

それにしても、こんなに小さい子の運動会を見学するのは初めてです。

ちびっ子たちが一生懸命踊ったり、綱を引いたり、かけっこしたりする姿を見ていると何ともほほえましい気分で、知らない子たちにも声援を送ってしまいました。

綱引きやリレーで勝ったときなんか、まさに一点の曇りもないような純粋な喜び方(^^)をするんですよ。かわいかったです。

太郎も、来年の運動会にはご機嫌に参加できますように。

 

PR

PR

-子育て

Copyright© 新米パパの小さな発見手帳 , 2019 All Rights Reserved.