新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

CD売上に関する気になるニュース2点

      2018/12/04

少し前のニュースになっちゃいますが、日本レコード協会が集計したレコード・CD生産枚数が、14年ぶりに前年を上回りそうだということが報じられました。

CD市場、14年ぶり前年上回る勢い 人気アーティストの新作牽引 ただし一過性?(産経ニュース)

同協会によると、CDやテープなどオーディオレコードの1~9月の生産実績は1億5569万枚となり、前年同期の水準を9%上回った。金額ベースでも1590億円と5%増加。9月単月では生産枚数で前年同月比35%増、金額では26%増とそれぞれ大幅増となった。

 

この引用部分だけ見ると、配信やYoutubeからCD回帰の流れがあるかのように見えますが、記事の後半にちゃんと書いてあるように、これは一過性のものではないでしょうか。

私は、CD売上はもっと減少したところで、縮小均衡状態になるように思います。

今となっては、CDを純粋に音楽を聴く手段として買ってる人って、あんまりいないんじゃないでしょうか。

CDは既に、熱心なファンが特典付きの初回版を買うような一種のファン・アイテム、またはライブに勧誘するための販促アイテムになっているように思います。

 

ところで、この間の日曜日、久しぶりに「JAPAN COUNTDOWN」という音楽番組を観ました。

今回の放送では、2012年を振り返る特集として、CDシングル・アルバムの年間売上トップ10を発表していました。

その結果を見て思わず苦笑してしまったんですが、シングル売上のベスト10が、全てAKB48またはジャニーズだったんですよ。

いやあ、驚きました!

シングルCDチャート上位がアイドルだらけになって久しいですが、ここまで独占状態になるのは初めてじゃないでしょうか。

AKBやジャニーズに対して敵意があるわけじゃないですが、同じ顔ぶればかりのヒットチャートじゃあ面白くないですね。

というか、「CDだけの売上ランキングを見て意味があるの?」とさえ思ってしまいました(^^;

 

 - 気になるニュース, 音楽