新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

満開の桜を堪能・・・こどもの国@横浜市青葉区

      2013/09/23

関東地方では、桜シーズン、真っ盛りです。

この間の月曜日に見た週間天気予報によると、日曜日は降水確率が高いという予報になっていたので、今日は花見をせずに髪でも切りに行こうと思っていました。

しかし午前中に外の様子を見ていると、どうも雨が降りそうな感じではない。しかも薄日が差している!

「よし、これは花見に行かなくちゃなるまい!」というわけで、急きょ予定変更、公園へお花見にくり出してきました。

行き先は横浜市の北端に位置する、広大な子ども向けの公園、こどもの国です。

 

神奈川や東京にお住まいの方には有名かもしれませんが、こどもの国は桜の一大名所です。

園内はものすごく広く、本当にそこら中に桜が植わっています。それに酒類持ち込み禁止になっているので迷惑な酔っ払いも皆無。気持ち良く花見ができる場所です。

もちろん大人だけでも入場できます。「知らなかった!」という方は、来年の花見の行く先に検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみに我が家では、自宅からそんなに遠くないこともあって、毎年のようにここでお花見をしています。

 

入場ゲートをくぐってすぐの広場にも、桜が植えられています。ちょうど雲が切れて、青空と桜のコントラストがキレイでした。

130324_01

少し近くから。

130324_02

キレイでしょう?

うちの太郎もようやく 「さくら」 という言葉を覚えてくれたようで、木を指さして「あくら、あくら」と言ってました。

 

少し奥へ歩いて行ったところには、ボート遊びができる池があって、そのほとりに桜が植えられた堤があります。

そこにレジャーシートを広げて、桜と池を眺めながらお昼にしました。ちょうど見晴らしのいいポイントを確保できて、気分は最高!

例年、桜の時期の子どもの国はそれなりに人出が多いのですが、今日はなぜかかなり空いていました。天気予報が悪かったので外出を控えた人が多かったのかもしれません。悠々と桜を見られて、ほんとにラッキーでした。

130324_04

お昼を食べ終わった頃から、空が曇ってしまいました。

桜は白っぽいピンク色なので、やっぱり空が灰色だときれいさがいま一つですね

 

さて、子どもの国といえば、名物の牧場。ミニ動物園があったり、ポニーに乗れたり、牛や羊にエサをやれたりできます。

先月、相模原公園のミニ動物園に行ったとき、太郎は牛がお気に入りだったようなので、さっそく牛の元へ。

しかし・・・今日はご機嫌ななめなのか、牛を見るなり泣きだしてしまいました。うーむ、太郎ってば本当に繊細で気分屋さんです^^;

それでも、どうにかご機嫌を取りながらしばらく牛を見ているうちに、だんだん慣れてきたようで、結局じーーっと牛を観察していました。

130324_05

真ん中がヴィクトリアちゃん。こんな図体をしていますが、なんと太郎(1歳8か月)より誕生が遅い!

牛の成長ってのは、ずいぶん早いんですね~(ヒトの成長が遅いだけか?)

130324_06

こちらは生まれたばかりの子ヒツジちゃん。あまりにかわい過ぎたので、思わずズームアップしてパシャリ!

牧場の帰りには、絞り立て牛乳を買って、家族3人で分けて味わいました。絞ったばかりの牛乳って、「砂糖入れてるんじゃないか?」っていうくらい甘い!

 

実はこどもの国は、公園の中の桜だけでなく、外に出たところにあるメインの駐車場やこどもの国駅のそばにも、ものすごくきれいな桜並木があります。

130324_07

130324_08

ああ、空が曇っていて本当に残念です!

 

そんなわけで、今日は空いている園内でゆったり桜が見られて大満足でした。

桜みたいなあ、でも混んでるのイヤだしなあ、という方はぜひこちらへどうぞ。ただし、アルコール持ちこみ禁止なので、騒ぎたい人は他の所へどうぞ^^

ちなみに今年の桜まつりイベントは4月1日から。

うーん、花が残ってるかどうか微妙だな~^^;

 

 - お出かけ