新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

春の高原気分を満喫@神奈川県立秦野戸川公園

      2013/04/22

この週末、久しぶりに太郎(1歳9か月)を連れて、私の両親の家に出かけてきました。そのとき、実家から少し足を延ばして、秦野市にある神奈川県立秦野戸川公園へ遊びにいきました。

両親がネットで調べて教えてくれたのですが、私はこれまでこの公園の存在をまったく知りませんでした。生まれも育ちも神奈川県で、公園ハンターを自称する私なのに、県立のこんなに大きい公園のことを知らなかったとは。公園ハンター失格ですね^^;

 

公園までは実家から車で1時間弱。海沿いにある実家から内陸のほうへずんずん進んでいきました。

車で秦野の市街地を抜けると、神奈川県の水源である丹沢の山々が大きく見えてきて、ゆるやかに標高が上がっていきます。

するといつの間にかあたりが開けて広々とした草地が広がり、一気に高原といった雰囲気に変わります。そこに、戸川公園があります。

今回デジカメを忘れたので、スマホに付属の貧弱なカメラの映像ですが、アップしますね。

 

DSC_0332

 

戸川公園は、「水無川」という川 (こんな名前なのにちゃんと水が流れているのがナゾです。笑) をはさんで広がっている公園です。

川から駐車場まではかなりの高さがあり、芝生の公園から、遥か下を流れる川や、向こうに広がる市街地を見渡すことができます。

このバツグンの解放感はすばらしい! 残念ながら、写真ではちょっとお伝えしきれません。

この公園のシンボルとも言えるのは、両岸の高い場所どうしを結ぶ長いつり橋。歩いて数分かかるほどのかなり長い橋です。

 

DSC_0334

 

橋から市街地を見たところ。カメラが悪くて、なんだか枯れ草のような色合いになってますが(苦笑)、実際は緑が青々としていてとてもキレイでした。

 

DSC_0336

 

橋はしっかりしているので、揺れません。両サイドは壁とフェンスで守られているので、高所恐怖症の方でも大丈夫かと思います(・・・いや、ダメかな?^^)

うちの太郎はまだ小さいので、写真に移っている壁のせいで自力では外が見えませんでした。でも、普通の道とはちょっぴり違う雰囲気を感じたのか、「ワーワーワー!」と叫びながら興奮気味にダッシュしていました^^

 

この週末は、ラッキーなことに、ちょうどチューリップのイベントをやっていて、ものすごい数のチューリップがきれいに植えられていました。

我が家でもチューリップが咲いているので、太郎は「うちと同じ花がある!」と言いたげな様子で、あちらの花壇からこちらの花壇への飛び回っていました。

花を指さしてにおいをかいだり(チューリップはほとんど香りがないんですけどねぇ^^;)、指さして「あかー」「ピンクー」「しろー」と色を行ったりして楽しそうにしていました。

 

DSC_0339

 

DSC_0345

 

今回は公園に着くのが遅くなってしまったこともあり、広い公園の一部しか散策できませんでした。川のそばまで下りていくと、バーベキュー場や遊具などが置いてあり、川遊びも楽しめるようでしたがそこまで行く時間がなく、残念!

思った以上に気持ちが良い公園だったので、また今度、早い時間から遊びに来ようと思いました。

この公園は、東名の秦野中井インターからだと比較的行きやすいです。

神奈川・東京あたりにお住まいで、「軽井沢はちと遠いので近場で高原気分を味わいたい」(笑) という方には、オススメの公園ですよ。

 

 - お出かけ