新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

GW旅日記(1)朝の東京湾を一望@海ほたる

   

ゴールデンウィークが終わりました。皆さんいい休みを過ごせましたか?

我が家では、ゴールデンウィーク前半の4月27日、28日の2日間で、千葉へ1泊のドライブ旅行に行ってきました。少し時間が経ってしまいましたが、旅の想い出を数回に分けて、ちょこちょことアップしたいと思います。

ちなみに私は自分の車を持ってから2か月ほどで、これだけ遠くまでドライブするのは初めて。運転下手を自認する私、無事に帰ってくることができるでしょうか・・・?

 

初日の4月27日土曜日。渋滞を警戒して、朝の6時半ごろに家を出発です。

しかし横浜市内の高速道路に乗ったところでまさかの渋滞! えー、みんなこんなに朝早くから出掛けるの? GWおそるべし! これじゃあ千葉までどれだけかかるやら・・・なーんて心配しましたが、渋滞はすぐに解消。そこからは快調に高速を飛ばしていきました。

 

さて、横浜から千葉県のある房総半島に渡るための一番の近道は、東京湾を横断する東京湾アクアラインです。

距離にしてわずか20km程度のこの道路を通ると、もう東京湾をわたって千葉県です。ほんとに便利! でもこのアクアアラインの大きなの問題は、通行料がバカ高いこと。距離にしてわずか20km足らずにも関わらず片道なんと3000円です。

ところが調べてみると、実は平成23年から25年まで、ETC付きの車限定で、アクアラインの通行料が片道800円(普通車)になっているんだそうです。料金と車の流れの関係を調べるための、期間限定の「社会実験」なのだとか。自分で車を持っていないときは、こういう話に興味がなかったので、いまだに3000円なのだと思い込んでました。

そういうことなら迷う必要はないということで、首都高湾岸線から東京湾アクアラインへ。海底トンネルを10分以上も進んだあと、ようやく海上に出ます。ちょうどそのあたりに、海ほたるパーキングエリアがあります。

まだ家を出て1時間足らずといったところでしたが、アクアラインに来た記念にうわさの海ほたるに寄ってみることにしました。

130508_01

海ほたるに着いたのは7時半前でしたが、すでに正規の駐車場は満杯で臨時駐車場のほうに案内されました。こんなに朝早くなのに!

海ほたるは東京湾の海の中にぽっかり浮かんだ人口の島にある施設です。

何の予備知識もなく行ったんですが、メインの建物のかたちが大型客船のようにデザインされてるんですね。

130508_02

なんとなくタイタニックに乗り混んだような気分で(古いか?)ワクワクしてきました。

130508_03

これが入り口。

ここからエスカレーターで5階まであがると、船のデッキにあたる見晴らしのいいスペースに出ます。

130508_04

いやあ、天気もよくて本当にいい眺めでした!

こう見ると、海ほたるが本当に海のどまん中に浮かんでいることがよくわかりますね。

東京側の正面には羽田空港があるので、頭上のかなり低い位置を、飛行機が次から次へと通り過ぎていました。

130508_05

この場所なんて、本当の船の甲板みたいに見えますね。デッキがずーっと長く続いていて、まさにタイタニックの映画って感じ。

ただ、うちの太郎@1歳9か月はどうも機嫌ななめで、この光景を楽しめていないみたいでした^^;

まだ眠いせいなのか、慣れないところに連れてこられて怖いのか?

ちなみに上の写真の犬は実物じゃなくてブロンズ製のニセモノですが、ワンちゃんを連れて散歩させている人もちらほら見かけました。

130508_06

まさに春らんまん。パンジーなどがきれいに植えられた花壇があちらこちらにありました。

 

さて、船の先端にあたる部分に歩いて行ってみると・・・

130508_07

 

ムムッ、カメラを抱えたあやしい団体さん(失礼)を発見。

何を撮っているのかきいてみると・・・

130508_08

前方の波打ち際に大量の海鳥がいて、それを撮影していたのでした。

バス旅行の団体さんのようでしたが、わずかな休憩時間に皆さんで撮影とは、気合い入ってますね~。

で、これはなんていう鳥なんでしょうかね^^;

 

それから、海ほたるの先端の部分には、こんな物体が置かれています。

130508_09

なんだかわかりますか?

これは、アクアラインのトンネルを掘削するために使ったシールドマシンの刃を、そのまま使ったオブジェなんです。

直径は14.14メートルというデカさです。

近くに寄ろうとしたんですが、私に抱っこされていた太郎が、

「大丈夫、大丈夫!」

と必死の形相で叫びはじめました。

先日のブログでも書きましたが、最近うちの子は、怖いものがあると「こわい」じゃなくて「大丈夫」というのです。

これって、あくまで恐怖心を抑えて自分を励ます意味で言っているのであって、本当は全然大丈夫じゃないんですね(笑)

まあ確かに、これまでの太郎の日常生活で見かけない、巨大でメカメカした物体なので、怖がるのも当然かもしれません。

 

さて、海ほたるは景色を見るだけの場所ではもちろんなくて、お店やレストランもたくさんあります。

130508_10

こんなふうに、テナントが入っている建物にも、「NORTH CABIN」のように船っぽいネーミングやデザインが施されています。

私たちは朝食もとってきたし長居するつもりもなかったんでサーッと見た程度ですが、気になったのがコレ。

130508_11

海を目の前に見ながら入れる足湯です。しかも無料! ぜひ入ってみたかったんだけど、朝早過ぎてまだオープンしてませんでした。残念!

 

海ほたるにはゲーセンがあるんですが、そこで「クレーンゲーム1回サービス券」というのを配っていました。

もともと、まったく入る気がなかったんですが、無料という言葉にめっぽう弱い小市民の私、ついゲーセンに立ち寄ってしまいました(苦笑)

クレーンゲームもいろいろあって

130508_12

こんなアクアラインならではのものもありましたが(笑)

私たちが目をつけたのはラジコンヘリが取れるクレーンゲーム。

これがまた、今にもとれそうな場所に景品が置いてあるですよ。

こんなもの、無料サービスの範囲で取れるに違いない!

と、久々のクレーンゲームに興奮してトライした私でしたが・・・

これが今にもとれそうで、全然とれない!

ラジコンの入った箱をアームで何回かに分けて少しずつずらそうとしたんだけど、これがほとんど動いてくれない。改めて思いましたが、クレーンゲームって、あのひっかからなさとか、アームの非力さとか、憎たらしいくらいにうまく計算されている(笑)

一度やり始めるとあとに弾けなくなって、気づけば私と奥さんで計2000円以上つぎ込んでしまいました。

そんなこんなで悪戦苦闘の末に・・・

130508_13

 

どうにかラジコンヘリ、ゲットしました!

 

クレーンゲームでこういう大物をとったのは初めてだったので、すっかり興奮してしまいました。

ただ、あとで調べてみると、ラジコンヘリって安いものだと2000円しないで変えるんですね。

結局、得したんだか損したんだかわからない感じですが(笑)、達成感をもらえたから良しとしときましょう。

 

そんなわけで、今回は旅の入り口部分の紹介だけでおしまい(笑)

いつ書くかわかりませんが(^^;)、次回に続きます。

 

 - お出かけ