新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

永遠の夏のアンセム 『サマーヌード』 by 真心ブラザーズ

      2013/07/18

梅雨が明けて以来、急に猛烈な暑さが続くようになりましたが、

元気にお過ごしですか?

みんな、夏してる? (死語)

 

さて(笑)、いよいよ夏本番がやってきたようですので、この季節にピッタリの懐かしい曲をYou Tubeで拾ってみました。

真心ブラザーズの1990年代のヒット曲、サマーヌードです。

 

 

まったく知らなかったのですが、実はこの7月にはじまったNEWSの山P(山下智久)主演のドラマが、ずばり「サマーヌード」というタイトルらしいですね。山Pが主題歌として、真心のこの曲をカバーしているようです。そのためか、この曲の動画が公式アカウントによってYou Tube上にアップされていました。

私はこの曲、すごく好きなんですよ。夏にカラオケに行ったりすると必ず歌っちゃいますね~。

このさわやかでちょっとメロウな曲調がほんとにいいですね。そして歌っているYO-KINGの、粗い手ざわりの、不器用で武骨な感じの歌声が最高です。

こういう曲は、きれいな声で歌ってしまうと甘ったるくなり過ぎて、ありがちな歌という印象になっちゃう気がします。YO-KINGだからこそ、この絶妙な味わい・・・ひと夏の激しくも あっけない恋の寂寥感みたいなもの・・・が出せているのだと思います。

どうでもいい話ですが、この歌はなぜか女性からの受けがいいみたいなんですね(笑) いままでカラオケで歌って、8割くらいの確率で、女性から「わたしこの歌好き」という反応をもらいました。

 

 

さらに話は脱線します。

私は高校生のとき、予備校の英語の夏期講習を受けたことがあります。

そのとき小太りの不気味なキャラクターとして人気のあった某講師がいて、こんな話をしました。

 

「日本語では ヌード、ヌードと言うけれど、

英語では ニュード という感じの発音が正しいんです。

ニュード、 ニュード、

・・・ こっちのほうがエッチな感じするでしょ?

 

というわけで、入試にはまず役に立たないこんな知識だけ覚えて、夏期講習は終わったのでした(笑)

 

さて、その夏、わたしは真心ブラザーズのベスト版をたまたま買ったんですね。

もちろん、彼らの代表的なヒット曲の「サマーヌード」も収録されていました。

この曲をCDでじっくり聴いてみたんですが、間奏部分でこんな女性のヴォーカルが入っていることに気がつきました。

 

  「ちぇきらっ! さんまーにゅー」

 

はい?

いま何て言った!?

ちぇきら、は多分 Check it out なのでしょう。

しかし 「さんまーにゅー」 とは一体・・・?

 

当時の私には全然わからなかったのですが、ネットも普及していない時期でしたから、一人でいろいろ想像するしかありませんでした。

 

これは「Someone New」 なんじゃなかろうか?

夏の暑さにうかされて、次々に新しいオンナを作る男のことを歌っているのでは?

でなければ、「サンマ・New」だろうか?

夏が終わって、サンマがおいしい季節になったということだろうか?(んなわけない。笑)

 

それで、結局正解はなんだったのかというと、実は 「Summer Nude」 だったんですね。

そうか~これはやられたなあ

まさか曲のタイトルそのままだったとはな~

「ヌード」とは聴こえなかったわ・・・

・・・あ! そっか!!

「ヌード」は「ニュード」だったんだな!

予備校講師が言ってたことは、やっぱり本当だったんだ!!(感動)

 

サマーヌードを聴くたび

そんなことを思い出す私です・・・(笑)

 

 - 音楽