新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

アマゾンの Kindle Paperwhite が2013年10月22日にリニューアル

      2013/09/06

今年の2月に買ったアマゾンの電子書籍専用端末「Kindle Paperwhite」を、7月に出先で紛失したという記事を書きました。

過去記事:Nexus7の新型発表&旧型を買ってしまった・・・

しかしなんと!

この9月になってKindleが見つかりました!

仕事が忙しくてボーッとしているときに、電車の中か駅で置き忘れたと思っていたのですが、

実は家にありました(笑) 

奥さんの雑貨類を置いている網棚の下のほうに何気なく置かれたまま、ほこりをかぶっていたのでした。

「どこのどいつか知らんが、落し物のKindleをネコババしやがって。最近の日本人はケシカランな」 などと思ってましたが、日本人の皆さま、えらいすんませんでした m(_ _)m

結局、電子書籍を読むためにグーグルのタブレット Nexus7 を買っちゃったので、もう要らなくなっちゃったんだよな・・・と思っていると、なにやら奥さんが私のほうを目を輝かせてながら見てきました。

・・・どうやら、おねだりしてるようです

以前から「な~に電子書籍なんて気取っちゃって」などと軽くばかにするようなことを言っていた奥さんですが、実は結構うらやましかったみたいです(笑)

なので、見つかったKindleは奥さんに譲りました。

奥さんは会社への行き帰りや寝る前に、けっこう愛用しているようなので、無駄にならなくてよかったです。

 

すっかり余計な話が長くなりましたが、どうやらアマゾンジャパンが 今年の10月22日に、新しい Kindle Paperwhite をリリースするようです。公式サイトはこちら↓

 

Kindle Paperwhite (2013年ニューモデル)
発売元: アマゾン

 

我が家にはもう不要なものだとは思いつつ、奥さんが使ってる現行版と比べてどのくらい性能がアップしているのか気になったので、アマゾンのページを読んでみました。

現行版と比べて、こんな改善点があるそうです。

 

スクリーンのコントラストが高くなった

従来に比べて、白と黒のコントラストが付いて、字がより見やすくなるそうです。

確かに現行の Kindle Paperwhite は、若干灰色がかっているというか、ぼんやりした字に見えなくもない(不便を感じるほどではない)ので、これはそれなりに嬉しい改善点だと思います。

 

CPUが25%速くなった

このおかげで、ページめくりが早くなるそうです。

現行の Kindle Paperwhite は、画面をさわってから 0.5秒から 1秒くらいかけて「じわっ」とページが切り替わるので、ちょっと遅く感じることはありました。

25%というのはプロセッサの速度向上率なので、ページめくりのスピードが25%あがったか、もっとあがったかはわかりませんが、とにかくこれも地味に嬉しい変更です。

 

フロントライトを改善

画面全体をより均等に、より明るく照らし出すように、ライトが改善されたそうです。

でも、実物を見てみないことには、どれだけ嬉しい改善かわりませんねえ^^;

ちなみに現行の Kindle では、画面の上や下の端がわずかにくすんだ色になっていて、光が当たっていない感じがしました(本を読むのにまったく支障はありませんが) これも改善されるってことでしょうか。

 

搭載メモリを2GBから4GBに倍増

端末に入れられる本の数が2倍以上に増えるようです。これはいいですね。

2GBの現行版でも、紙の本なら何百冊も保存できますが、マンガは画像なのでデータが重く、たとえば「ブラックジャックによろしく」全11巻は端末に入りきりません。

もっとも、アマゾンで買った電子書籍はクラウドサーバーに保存され、すぐ読みたいものだけ端末に入れておけばいいので、2GBでも不便は無かったですけどね。

 

その他の改善

検索機能の強化、単語帳機能の追加、ページをぺらぺらめくる感覚でプレビューできるKindle Page Flip機能など、いろいろと改善点があるようです。

ちなみに画面や製品のサイズ、解像度、バッテリーの持ちなどは現行版と同じ。重さは7グラム(微妙~)軽くなるようです

価格は現行版7980円に対し、新しいほうは9980円。ただ、ここ1年でドル円相場が2割以上円安に振れましたから、事実上の価格据え置きと言えるでしょう。

11月末までに買えば、電子書籍1980円分のクーポンがついているのでお得です。

 

というわけで、ニュースを読む限り、現行版と比べて「おおっ!!」と驚くほどの変化はないな、というのが私の正直な印象です。

地味ながら着実な改善はナイスだと思いますが、現行版を持っている人が買い替えるほどではないように思います。

でも、電子書籍端末を買おうか迷っている方にとっては、購入のいいタイミングでしょうね。

Kindle Paperwhite は、安いし、軽いし、バッテリーも1週間充電なしで余裕で持ちますので、書籍(特に活字の)を読むことに目的を絞る人には、ホントにおすすめの製品です。

気になる方は10月の新製品、ちょっと検討してみてはどうでしょう?

 

 - パソコン・ネット, 最近読んだ本