新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

ジャンル無用の はちゃめちゃ音楽館 『みいつけた! パンパカパーン』

      2014/07/16

私が小さいころは、NHKの小さい子ども向けの番組といえば「おかあさんといっしょ」くらいしかなかったような気がします(違ったらスイマセン)

でもいつの間にやら、番組の種類が増えましたよね~。

  • いないいいないばあっ!
  • おかあさんといっしょ
  • みいつけた!

どれも太郎といっしょによく見るんですが、それぞれどういう区分になっているのか? 気になって調べてみました。

Eテレの子ども向け番組のポータルサイト、キッズワールドによると、それぞれ対象年齢というものが決まっているようで、

  • いないいいないばあっ! → 0~2歳
  • おかあさんといっしょ → 2~4歳
  • みいつけた! → 4~5歳

だそうです。な~るほど。

うちの太郎はついこの間3歳になったので、もう「いないいないばあっ!」は卒業ってことか。でも、太郎は「いないいないばあっ!」を見てるときが一番楽しそうなんだけどなぁ(笑)

 

さてさて、今日は昨日に引き続いて、今年リリースされたEテレの番組の歌を収録したCDを紹介します。

 

『みいつけた! パンパカパーン』
ワーナーミュージック・ジャパン
2014年5月28日リリース

(↑Amazonへのリンクあり)

 

サボさん、こっしー、すいちゃん、オフロスキーなどが登場する「みいつけた!」の新作CDです!

「みいつけた!」のCDは実はもう何枚も出てるんですが、いま現在よく耳にする曲がたくさん収録されていて、一緒に歌って楽しめます。

 

この「みいつけた!」という番組、登場人物がイスにサボテンに変なウシ人間(笑)と、まあ見事にバラバラです。

しかもサボさんやオフロスキーは、あんまり「子ども番組」然としていない風変わりなキャラクター。こんなキャラが集まって、空中分解せずに1つの番組にまとまってるということに感心しちゃいます^^

それで、CDに収録されている曲もそんな番組内容を反映してか、いい意味でジャンルから雰囲気までバラバラ!

オープニングのアーリージャズっぽい曲から始まって、ディスコ風あり、椎名林檎風あり、ぶりっこアイドル風ポップスあり、昭和歌謡風ツイスト(?)ありと、飽きません。

有名なミュージシャンも曲を提供してますが、トータス松本や吉井和哉、クレイジーケンバンドの横山剣、宇崎竜童など、子ども番組から遠いポジションの人ばかり選んでます。(※剣さんの曲はこのCDに入ってません)

「この番組作ってる人、けっこう冒険してるな~」と感じるような、おもしろい曲をちりばめたCDです。

 

ちなみに私がこのCDで一番好きなのは、オフロスキーが歌う「エビバデオフロスキー」。

実は私、オフロスキーが苦手 でした!(いまでも得意ではない。笑)

あの意味不明なキャラ設定や、しゃべるときの妙な間合いの取り方に、どうもなじめなくて。

そんな私なのに、なぜかこの歌はツボにはまってしまい、頭から離れなくなっちゃいました。

「何がオッホッホ オフロスキーやねん! 自分の名前を歌詞や題名に入れんなや!
(※この曲の作詞はオフロスキー本人です)

な~んてケチをつけながらも、頭の中では 「オッホッホ オフロスキー」

あ~~ なんか悔しいけど、この歌  楽しくて好きだわ!(笑)

 - 子育て, 音楽