新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

携帯を iPhone 6 plus に切り替えました
&写真を旧携帯・現デジカメと比べてみた

      2014/12/03

突然ですが、ワタクシこのたび携帯電話の機種変更をしました。

今回購入した新しい携帯は、あのウワサの iPhone 6 plus でございます。

 

iPhone 6 plus

 

 

私がこれまで使っていた携帯は、シャープの最初期のスマホ(OS は Android 2.2) IS03 でした。

かれこれ3年半以上使ってきて、だいぶバッテリーの持ちが悪くなってきたうえに、動作の重さが目立つようになってきました。

アプリを立ち上げても数秒くらい待たされてからやっと起動するわ、ネットブラウザがしょっちゅう固まるわ、文字を指で入力(スワイプ入力)するとき反応が遅すぎて使い物にならないわ・・・

最新のアンドロイド携帯はそんなこともないと思いますが、以前から一度 iPhone を持ってみたかったのもあって、新しい iPhone 6 が出たのをきっかけにそちらへ乗り換えることにしたのでした。

 

iPhoneやそのアプリに関する詳しい情報サイトやブログはほかに山ほどあるので、そういう話はやめといて(そもそもできないし)、あくまで初心者目線で、使ってみた印象を紹介します。

今回のテーマは写真

最近の携帯のカメラは、へたなコンパクトデジカメに負けないくらい高性能になっているといいますので、どれだけ性能がいいのか、旧スマホ(2010年末発売のシャープIS03)、キャノンのデジカメ(2014年初発売のPower Shot SX600 HS)と具体的に比較してみました。

以前使っていたシャープのスマホのカメラは、たびたびブログで書いたようにあまりにひどかったので(たとえばこの記事を参照)、正直そこまで期待はしてなかったんですが、結果やいかに・・・?

以下、写真をお見せします。ここでは各カメラの設定を完全オートにして、おまかせで撮りました。もともとの解像度はかなり高いですが、ブログに収まるように縮小しています。

ちなみに、写真の舞台は、以前にブログに書いたバーベキュー場の朝の風景です。

 

●風景1 木立を逆行気味に撮る

 

シャープ IS03

風景1 、IS03

 

うーん、だいぶ白っぽいですね。

 

キヤノン Power Shot

風景1、キヤノンデジカメ

 

これはけっこう鮮やかにはっきり撮れてます。さすが、Make It Possible with CANON(??)

 

iPhone 6 plus

風景1、iPhone 6 plus

 

かなり色のコントラストがくっきりついてキレイです。

ただ、キヤノンの明るい色合いも捨てがたいですね。どちらがいいか、好みによるかも。

 

 

●風景2 門から建物をのぞく

 

シャープ IS03

風景2、IS03

 

おっと、すがすがしい朝9時頃のはずが、なぜか冬の午後のような日差しになっちゃいました(笑)

 

キヤノン Power Shot

風景2、キャノンのデジカメ

 

これはキレイだ! さすが Make It …(以下略)

 

iPhone 6 plus

風景2、iPhone 6 plus

 

キレイです。やはりiPhone 6 はコントラストが鮮やかにつくみたいですね。キヤノンのデジカメのほうが全体に白っぽい。

 

 

●風景3 駐車場とその向こうの畑を見渡す

シャープ IS03

風景3、IS03

 

あ~、やっぱり夕暮れ気分・・・。残念な出来です。

 

キヤノン Power Shot

写真3、キャノンのデジカメ

 

さすが最新型。朝のすがすがしい空気が伝わってきます。

 

iPhone 6 plus

風景3、iPhone 6 plus

 

デジカメと比べると、濃い目の色がくっきり出ている気がします。

 

というわけで、シャープのスマホだけ4年前の製品というハンデがあるので不公平かもしれませんが(^^;)、ともかくiPhone 6でデジカメとそん色ない写真が撮れることがわかりました。

いつも持ち歩く携帯電話でここまでできるなら、安いデジカメはあまり必要ないかもしれないと思ってしまいます。実はここ2週間ほどブログにアップしている写真は、基本的に iPhone 6 で撮った写真なんです。

特に、イルミネーションの夜景が思いのほかキレイに撮れたのには感動しました(この記事↓)

2014年11月15日 300万の光が輝く遊園地、よみうりランドのジェルミネーションを初体験してきた

むしろデジカメだと、オートでこういうキレイな写真を撮るのが難しいと思います。

 

一応、iPhone 6 の欠点というか、デジカメの優位点をあげておきますね。

まず、構えて取るときの操作性はやはりカメラが勝ります。iPhone だと、カメラを構えたときにどうしても固定するために持つ手がカメラを横切ったりしやすく、薄く真四角なのできちんとしていない姿勢で撮ろうとするとグリップしにくいです。

また、撮影時の設定をこまかくできるという点では、デジカメ優位です。iPhone 6は基本的に撮影のオプションがあまり多くなく、自動でそこそこうまく撮れてしまうところが魅力だと感じています。その分、画像ファイルやISOの設定ができず、撮影オプションも抑え気味に見えます(違ったらご指摘ください^^)

個人的に一番気になるのは、ズーム(画面をピンチアウト=指で押し広げる動作をするとできる)で撮るとブルブルした汚い画像になってしまうことかな。手ぶれのせいかもしれません。でも普通のデジカメだとけっこう補正してくれるのに、iPhoneだと実用に耐えないレベルになることが多い。私の撮り方が悪いんでしょうか・・・。

そんなわけで、ズームや凝った設定が不要なら、iPhone一本でいいかもしれません。写真にこだわるなら、へたな安いデジカメではなくデジタル一眼に手をだしたほうが良いと思います。

 

 - その他, パソコン・ネット