新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

リクオ『What’s Love?』・・・極上の和製スウィート・ソウル

      2014/09/10

10月になりましたが、今日はかなり暑かったです。

そういう日がありつつも、夜の虫の鳴き声がにぎやかになり、日も短くなり、夜はかなり涼しくなってきて、着実に秋が深まっている感じがします。

 

さて、今日も私の好きなCDアルバムを紹介します。「秋の夜長」にぴったり合いそうな作品です。

最近ピアノがらみの音楽を紹介してるので、今回もその流れで行きますね。

さすらいのピアノ詩人、リクオの『What’s Love』です。

 

※Amazonへのリンクあり

リクオ『What’s Love?』

 

リクオは1990年にデビューしたシンガーソングライターです。

残念ながら知名度はいま一つですが、他のアーティストの作品にセッションミュージシャンとして参加したり、年間100本以上(!)という数のライブを行なったりと、マイペースに精力的な活動を続けています。

ピアノ1台での弾き語りの活動が多かったリクオですが、今回紹介する2008年のアルバムでは、久々にバンドを従えて新しいサウンドに挑戦しています。

このバンド、もうとにかくリクオとの相性がバッチリ!

リクオは「セツナグルーヴ」というアルバムを出しているくらいで、切なくてなおかつ心弾む表現が魅力です。今回のバンドはギターではなくストリングスが入っているので、その柔らかい音色でリクオのセツナグルーヴが倍増されてます。

秋の夜長に、そっとターンテーブルに載せたくなるような、そんなアルバムです。

 

まず最初の曲、「アイノウタ」、ここからいきなりグッときます。

まさにセツナ・グルーヴを地で行く、とろけるようなスウィート・ソウル!

私はこのアルバムを買う前に「アイノウタ」のPVをネットで見たんですが、あまりに興奮してその夜寝付けませんでした^^。それくらいはまった曲です。

タイトルのとおり、シンプルな「愛」の歌ではありますが、リクオの声とこのバンドの音に載せられると、うそ臭さがまったく無くすなおに響いてくるから不思議です。

リクオは「愛」の歌をよく歌いますが、「好き好き大好き」という恋愛初期の感覚を歌うというよりは、つらいことや大変なことがあっても、それでもその人を想わずにいられない、といった雰囲気の歌が多いように思います。

「甘い」ことだけでなく、「酸い」もふまえたこの感覚には、私はとても共感してしまいます。

 

さて、4曲目の「ソウル」はセルフカバーの曲ですが、これぞ最高の傑作です!

ゆったりとリラックスしたリズムの上に、リクオの祈りにも似た切なるメッセージが乗っかってきます。まさにリクオ版「ホワッツ・ゴーイング・オン」という感じです。


♪すべてのソウルにいつも灯がともるように

どんなやるせない夜でも

さまようソウルがいつか誰かに出会うように

光は闇の中に

 

仕事や人間関係でちょっと疲れた夜、暑苦しく励ます歌は聴きたくないし・・・そんな時にぜひ聴きたいなあと思う一曲です。

こちらの気持ちにそっと寄り添って見守ってくれて、気持ちをニュートラルな状態に戻してくれそうです。

私はこの曲がとても気に入っていて、何度も何度もリピートして聴きました。

 

それじゃあ、いつものように1曲聴いていただきましょう。

1曲目「アイノウタ」のPV映像です。

 

 

PVといいつつライブ映像を使っていて、観客の皆さんが移っているんですが、その自然な笑顔の素敵さといったら!

思わず「シャーララララ・・・」と一緒に声を出してしまいそう!

 

 - 音楽