今日の出来事

植木に知らないうちに小鳥の巣ができてました!

今日は秋分の日でしたね。私の家のあたりは、一日中、気持ちのいい秋晴れでした。

天気が良かったので、久しぶりに自宅のまわりに植えてある植木の手入れをしました。

 

今日は、長いこと手入れをしていなかったカースペース奥の庭木を バッサリ。

一軒屋に住んで驚いたことの1つが、植木や雑草の伸びるスピードの速さです。

1年間でこんなに家のまわり中、草だらけになるのかとビックリ。雑草魂ってこういう事なのね、と感心させられました(笑)

庭木にしても、あっという間に手の届かないところに伸びて、となりの敷地に入り込んだりするので、毎年手を入れないといけないということを、身をもって実感しました。

 

今日切った木は、もう2年以上もの長いあいだ放置していたので、2階の窓の高さにまで伸びてしまったり、一部の枝が雨どいや家の外壁にぶつかったりと大変な状況でした。

枝や葉っぱの密度も高くてうっそうとしていて、中のほうがよく見えません。

なので、かなり大胆に枝をバッサバッサと切っていったところ・・・今まで葉に隠れてよく見えなかった場所に、こんなものが隠れているのを見つけました。

(下の写真は、切った後に部屋の中にもってきたところの写真です)

 

何かの鳥の巣

 

そう、何かの野鳥の巣です! うちのすぐ目の前に森があるので、野鳥はよく飛んで来るんですが、庭木に巣を作られてるとは思いませんでした。

すごくキレイじゃないですか?

触るとモフモフとやわらかいクッションみたいな感じなんですが、押しても引っ張ってもぜんぜん壊れないし、枝にしっかり絡みついて外れません。

驚いたのが、細い枯れ枝のようなものだけでなく、明らかに人工の白い繊維状のものが使われていることです。そこらへんのビニールだか何だかを持ってきたんでしょうか。

あまりにしっかり作られているので、最初、植木の業者が取り外し忘れていった道具か何かだと思いました。まさに自然の芸術品という感じです。

今回、枝ごと切り取ってしまったものの、巣をじっくり見ているうちになんだか申し訳ない気分になってきて、もう一度木に戻してやろうかどうか迷い中です(笑)

 

いったい何の鳥の巣なんでしょうか?

知りたくなってネットで調べてみたところ、野鳥の巣の情報を写真入りで掲載したすばらしいページがちゃんとありましたよ。

大阪市立自然史博物館のWebページです。すごいぞ大阪市!

さっそく、このページに載っているいろいろな巣の写真を見てみましたが、困ったことにどれも見た目がそっくりなんですよね~。おそまつ君兄弟くらい 区別がつかない(笑)

しいていえばメジロに似てるなあと思いますが、確信はありません。

これを観てピンとくるような超人(鳥人?)がいらっしゃいましたら、ぜひ答えを教えていただきたいです。

 

PR

PR

-今日の出来事

© 2021 新米パパの小さな発見手帳