新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

販売する女たち

      2013/05/03

今日、仕事で外出したときに、久しぶりに小田急の特急ロマンスカーに乗りました。

最近は特急と言っても車内販売などしない路線も多いですが、小田急の場合は新幹線みたいに結構車内販売に力を入れてるみたいです。

そのときちょっと面白かったことがあります。

新幹線の車内販売なんかの場合は、販売員さんが単にカートを押して歩いて、呼びとめられたら売るという感じになっていますよね。

けれど小田急の場合、座席のそばで立ち止まって、軽く座席のほうを見て「いかがですか?」って聞いてくるんですよ。

押し売りという感じじゃないんですが、明らかにこっちを見て一瞬立ち止まって、手にカタログを持って「うふっ」と笑ってくるんですね!

こりゃもう、美人さんだったりした日には胸キュン(死語)ですわ (※注:妻子持ち)

ともかく「ずいぶん積極的やなあ」と、その販売姿勢に感心するやら、ちょっと面倒くさいやら(笑)、複雑な気持ちでした。

 

さて、昨日も仕事で外出したんですが、帰りが遅くなったので駅のキオスクでチョコを買ったんですよ。

そのときレジには、いかにも学生のバイトっぽい、若い女性がいました。

そしてチョコの代金を支払うとき、彼女の腕に何やら黒いものが見えたんです。
どうやら、文字か何かが書いてあるみたいなんですよ。

なんだろう、タトゥーかな?

忘れ物しないようにメモっているのかな?

そんな事しなそうな、おとなしい雰囲気の女の人だったんで、一体何が書いてあるのかすごく気になり、じーっと見てしまいました。

それでやっとわかったんですが、

腕に書いてあった文字はこうでした

 

売上必達!

 

す、すごいプロ根性!(笑)

 

だって、彼女、普通のバイトですよ?(多分ね)

何も腕に書かんでもとは思いますが(笑)、連絡も入れずに勝手にバイトを休むナメた学生バイトもいる中で、この意識の高さはすごいじゃあないですか!

私も技術者とはいっても、年間の売上ノルマを課される半営業の立場です。

こりゃ30過ぎのオヤジの私も、若い彼女らに負けずに営業しないとな!

 

 - 今日の出来事