ヒップホップ 音楽

週末の夜に心地いい! オーガニックでチルなヒップホップ
『Smoke. Netflix. Chill.』by Tank and the Bangas

今日紹介する一曲は、アメリカのニューオーリンズ出身のグループ、タンク・アンド・ザ・バンガス(Tank and the Bangas)の2018年の曲『Smoke. Netflix. Chill.』です。

 

このグループのやってる音楽は、紹介するのがなかなか難しいんですよね~

大きなくくりで言えばブラックミュージックということになるんでしょうけど、ファンク、ヒップホップ、ゴスペル、ジャズにロックと、あらゆる音楽がごちゃ混ぜになった、ひと言で表現しにくい面白い音楽をやってます。

ファンクやヒップホップというと、暑苦しかったりダークだったりというイメージもありますが、バンガスの場合は肩の力が抜けて、どこか愛らしい、お茶目なおふざけ感が漂うのが魅力です。

このあたりは、ヴォーカル担当でグループの中心人物であるタリオナ "タンク" ボールのキャラクターに負うところが大きいかもしれません。

 

 

ヒップホップっぽいビートに乗りながらも、アコースティックで落ち着いた雰囲気のサウンドに、力強さとチャーミングさを兼ね備えたタリオナのヴォーカルが乗ります。

ライム(歌詞)のほうは、たぶん男との別れを歌ってるんですが、シリアスになり過ぎずユーモアにあふれているところがバンガスらしい。

ミュージックビデオを見てもわかると思いますが、彼らの曲ってどんなジャンルの音楽をやっても、どこかコミカルでポップでチャーミングなんですよね。

週末に、少し照明を落とした部屋でお酒でも飲みながら聴きたいですね・・・いやいや、タバコを吸って NETFLIX をだらだら見ながら聴いてチルアウトするべきか(笑)

 

ライブパフォーマンス版もあるので、こちらもぜひ!

 

 

PR

PR

-ヒップホップ, 音楽

© 2021 新米パパの小さな発見手帳