新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

【Music】レ・フレール『ピアノ・スパシアル』・・・ピアノ連弾がこんなに楽しいなんて!

      2015/07/08

さあ、金曜だ! 週末だ!!

というわけで、今日も私が最近お気に入りの音楽を紹介しちゃいます。

前回の→Pia-no-jaC←に続いて、今回もポップなピアノミュージックを取り上げます。

斎藤守也(さいとうもりや・兄)と斎藤圭土(さいとうけいと・弟)の実の兄弟によるピアノ連弾デュオ、レ・フレール(Les Freres)です。

ちなみに「フレール」というのは、フランス語で「兄弟」という意味です。ずいぶんと素直なネーミングですね(笑)

おすすめCDは、彼らの最新作である3rdアルバム『ピアノ・スパシアル』です。

 

レ・フレール『ピアノ・スパシアル』

 

斎藤兄弟は、ルクセンブルクの音楽院でクラシック音楽を学んだ本格派です。

帰国後の2002年に、彼らは生まれ育った街である横須賀のライブハウスで、レ・フレールとして初めて演奏を披露しました。

それ以来、オリジナル曲を中心に数々のライブパフォーマンスを繰り広げ、徐々に人気を高めてきました。

CMソングやテレビ番組にも曲提供をしているそうなので、知らないうちに耳にしたことがある方も多いかもしれませんね。

ヨーロッパや韓国、オーストラリアでも公演を行うなど、ワールドワイドに活躍の場を広げている、注目のピアノデュオです。

 

彼らはクラシックというよりは、ブギウギやアーリージャズの香りを感じさせる、スウィング感あふれる自作曲が持ち味。

これが文句なしに楽しいんですわ!

「ピアノの連弾ってこんなに楽しかったの!?」と、きっと新鮮な驚きを感じると思いますよ。

先ほど紹介した「ピアノ・スパシアル」にも、ブギーな楽しい曲が多いです。

キラキラしたポップな楽曲も多くて、ジャズやクラシックに親しみのない方にもオススメです。

私が一番好きな曲は、やっぱり2曲目の「空へ」ですね。アルバムジャケットそのままの爽快でキラキラした、疾走感あふれる曲で、これを聞くとバーッと外へ飛び出したい気分になります^^

1曲目の「EARTH」なんかも、曲を通して響く低音のリズムに乗って、壮大なサウンドが広がります。ピアノ1つで、彼らは本当にいろんなタイプの音を奏でます。

 

それでは、一曲聴いて頂きましょう。

彼らの名刺代わりの一曲と言ってもいいんじゃないでしょうか。『Boogie Back to Yokosuka』・・・まさに彼らの本領が発揮された、弾むようなブギです。

この映像がまた底抜けに楽しいです。二人が仲良さそうに手と手をからませながら(へんな意味じゃないよ)、笑顔で楽しそうに演奏しています。見てるだけで顔がニコリとして、腰が動き出すこと うけあい。

私は未見ですけど、「ピアノ・スパシアル」のツアーのライブDVDも出ていますので、ハマった方はぜひそちらも見てみてください。

 

 

私はピアノが弾けないけど、やっぱりピアノっていいなあと思います。

ぜひ自分でも習ってみたいと思ってるんですよ。四十の手習いってことで、40歳過ぎたらかな(ずいぶん先やなあ^^;)

 - 音楽