新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

あけましておめでとうございます! from 平塚市の湘南平

      2018/01/09

みなさま、2018年あけましておめでとうございます!

昨年はブログの更新をほぼ停止してしまいましたが、今年はもうちょっと定期的に更新をしたいなと思いますので、よろしくお願いします。

 

我が家では、元日から私の実家に遊びに来てまして、夕方に実家の近くにある湘南平という山まで車で出かけてきました。

湘南平は、神奈川県南部の大磯町と平塚市の間にある100mちょっとの低い山なんですけど、頂上は平たんで開けた公園になっていて、眼下に西湘(湘南の西部)の海岸線を見渡せる眺めのいい場所で、平塚市の数少ない(笑)観光スポットになっています。

私たちも、20mくらいの高さの展望台に昇って正月の海を眺めてきました。

 

 

これは展望台から東の方向、江の島方面を眺めたときの写真です。平塚・茅ヶ崎の街並みが夕日でピンクにそまってキレイでした。

この写真だとわかりにくいですが、奥の方に江の島もはっきり肉眼で確認できます。

写真の左側にあるのはテレビ塔なんですが、その手前には日本テレビ系の中継車両が数台とまっていました。

明日あさっての2日間、箱根駅伝があるので、その中継の準備のために前日からセッティングをしているんですね。湘南平自体はコースではないけど、高台なので電波の中継に便利なのと、ここからの風景が毎年放送されることから、毎年スタッフがこうして陣取るわけです。

 

中継設備

 

私がのぼった展望台の途中にも、こんな設備がセッティングされてました。

 

西側を臨む

 

こちらは西側、小田原・熱海方面を見たところ。ちょうど伊豆半島に沈もうとする夕日がまぶしく見えてます。キレイでしばらく見入ってしまいました。

ちなみに逆光で夕日を撮ると、適当な写真でもなんとなく美的センスあふれる写真に見えてイイですね(笑)

 

湘南平にのぼるのは去年の正月以来1年ぶりだったと思いますが、今回行ってみて、かなり頂上付近が変わっていたことに驚きました。

いままでは、頂上の広場から少し下ったあたりに手入れされていない木や、老朽化して誰も使わなくなったアスレチック、イノシシに荒らされ放題の植栽がさびしく放置されている印象でした。

しかしここ1年くらいでぼさぼさの木はバッサリと切られ、あれた草むらは整備されてその間をぬうような散策路が作られていました。

アスレチックは撤去されたようですが、へたにさびれた人工物があるより何もないほうがずっとスッキリしていてよいと思います。心なしか、昨年の正月より人も多かった気が。

各種施設の老朽化と少子高齢化の流れのなか、小さいころによく行った比較的有名な遊び場でさえ荒れていく様のを見るのは、寂しいものでした。今回、久々に再生の大きな一歩が踏み出されたことを確認できたのは、嬉しいことでした。

 

というわけで、湘南平からの新春レポートをお届けしました。

最後に、今年が皆さまにとってよい年になるよう、お祈り申し上げます!

 

 - 公園