新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

うちの子たちへのXmasプレゼント2014
『スーパーオート トミカビル』

   

メリー・クリスマス! 今年もクリスマスイブがやってきましたね。

うちの最寄り駅のケーキ屋さんは、クリスマスケーキを買おうとする会社帰りの人たちで、ものすごい行列になっていました。

うちでは毎年ホールケーキを予約して買ってるんですが、皆さん意外と、予約せずに当日購入するものなんですかね~。

 

さて、我が家では子どもたち2人(太郎@3歳、次郎@5か月)へのクリスマスプレゼントを、12月23日(祝日)の朝に枕元にこっそり置いて渡しました。

24日や25日に渡すとなると、平日になってしまうので、早く家を出る私は子どもの喜ぶところを見られませんし、太郎がプレゼントに夢中になって保育園に行きたがらなくなっても困るからです。

私と奥さんは、太郎が朝起きた瞬間に「うわあ! すごーーい!!」と大喜びするのではと期待していたんですが、実際はそうはなりませんでした・・・(^^;

寝ぼけ眼で目を覚ました太郎は、目をこすりながら箱を見たかと思うと、そのままふとんにつっぷして「☆※■○×・・・!」となぞの言葉を叫んでゴロゴロ・・・。

「ほら、サンタさんから本当にプレゼントが来たよ!」と言ってみても、「なあに、それ?」とキョトンとした顔。

寝ぼけてるのか、あまり嬉しくないのか、または嬉しさを表立って示すのが恥ずかしいのかわかりませんが、とにかくアッサリした反応でございました。

まあ、子どもは大人の勝手な願望どおりには振る舞ってくれませんね^^

 

 

さて、生後5か月の次郎への今年のプレゼントですが、赤ちゃん向けの絵本にしました!

兄の太郎には、4か月のころから絵本を読み聞かせていたんですが、そのころから何となく絵本を目でおいかけていて嬉しそうにしていたのを覚えています。

なので、そろそろ次郎へも本を読んであげるようにしようかな、と。

 

そして、3歳の太郎への今年のプレゼントは、前々からスーパーのおもちゃ売り場で欲しい欲しいと言っていたこのおもちゃにしました。

 

スーパーオート トミカビル
発売: タカラトミー

 

 

これは26台のトミカを収納できる立体駐車場のおもちゃです。

クルマ大好きなうちの太郎は、全部で50台くらいのトミカを持ってます(そのうち半分くらいは私が小さい頃遊んだもののおさがりです)

トミカの無い生活が考えられないというほど、毎日トミカでばっかり遊んでいるので、きっと喜んでくれるだろうと思って選びました。

 

このおもちゃのキモはなんといってもガラス張り(実際はプラスチックですけど)のエレベーターでしょう。手動でも電池でも動かせて、1階から4階まで車を持ち上げることができます。

4階までエレベーターで上ったトミカは、自動でスロープを走り下りて1階まで行くようになっていて、そこでまた自動的にエレベーターに乗り込むような仕組みになっています。

つまり、一度トミカをスロープにおいてやると、あとはエレベータを動かしているだけで自動的に車が「あがって、おりて・・・」をやり続けてくれるんです。

 

残念ながらうちにはこれに合う電池が無かったので、太郎に手動で遊んでもらうことにしました。けれど、間もなく問題が発生してきました。

まず、エレベーターを動かすために回すダイヤルみたいな部分(写真のヘリコプターが泊まってるところ)が取り外しできるタイプになっているため、力の加減のできない太郎がブンブン回していると、しょっちゅう外れてしまう! そのたび太郎は「壊れたぁ! 治せない!」と叫びます^^;

さらに、トミカがしょっちゅうエレベーターにひっかかる! 1階でエレベーターに乗り込む部分でトミカがひっくり返ることが多いんですが、そのまま上にあがると4階でエレベーターからスムーズに出ていかず、天井にひっかかってエレベーターが停止します。

また、一気に複数台の車がエレベーターに入り込まないように、エレベーターに同期してスロープ上に車止めのでっぱりが出たり引っ込んだりするんですが(伝わりますかねぇ・・・)、そのでっぱりが下がらなくなって車の大行列ができてしまうこともよくあります。

そのたびに「動かない~!」などとお怒りになってヘルプを求める太郎。ついには「もう遊ばない!!」などと言い捨て、パーキングを横倒しにしてしまいました・・・まったく困ったもんです(苦笑)

 

あまりにしょっちゅう車づまりが起こるので、「こりゃ設計ミスじゃないか!? 電池で動かしても、すぐ引っかかるから意味ないんじゃないか?」と思いました。

でも、物は考えようです。

ダイヤルが取れたり車がひっかかったりするたびに、子どもながらに頭と手を使って、なぜそうなったか、どうすれば直るかを考えさせればいい。そうすれば、ただスムーズに車が流れていくのを眺めるより、よっぽどためになるんじゃなかろうか?

そんなふうに考えてみることにしました(笑)

幸い、1日たった今日は、太郎も自分の手でどうにかする気になってきたらしく、たまに車づまりを自分で直しながら遊んでいたようです。

まあ、なんだかんだ言って喜んではくれているので、よかったと思います。

 

 

ちなみに、じいじとばあばからも2人にプレゼントをいただきました。

事前におもちゃ以外のものをお願いしていたので、奥さんの両親からは帽子と靴と服のセットをいただきました。親としては、実はこういう実用品がうれしいかったりします^^

私の両親からは現金をいただきました。親としてはこっちの方がもっと嬉しかったりします(笑)

 

というわけで、我が家のクリスマスプレゼント2014でした。皆さんもよいクリスマスを!

 

 - 今日の出来事, 子育て