新米パパの小さな発見手帳

新米パパ&電子技術者のネリノが、子育て、音楽、読書を中心に、日々の発見をつづるブログ。コメント大歓迎!

*

日経夕刊の「iPhoneの更新サイクル1年延長」報道が気になる

      2016/06/01

ネット上の IT系のニュースサイトを見ていると、「次期iPhoneはこうなる!」という記事をしょっちゅう見かけますよね。

私は、2年弱前に買った iPhone 6 Plus を使っていますが、決してアップルや iPhone のマニアというわけではないので、ふだんはそういうニュース(?)を冷めた目で眺めていました。

「いつ出るのかわからない商品についての、根拠があるのか無いのかわからない記事で、よくそんなに盛り上がれるなあ」と感心していました(笑)

これまでは。

 

ただ、いまのワタクシは、次の iPhone がいつ出るのか、またどの程度新しくなるのかを、これまでにないほど気にしてます。

なぜか。

それは、いま使っている iPhone 6 Plus をあまりに何度も落っことし過ぎて、ついにガラスの画面にひどいヒビが入ってしまったからです。

つまり、ヒビ入りのを我慢して使い続けてから次の iPhone が出た瞬間に買い替えるか、それとも今すぐ修理に出してまだ当分の間現行のものを使い続けるか。そこで迷ってるわけです。

ちなみにアンドロイド携帯の中には、画面の表面のガラスにひびが入るとその部分のタッチパネルが反応しなくなる機種が少なくないと聞きますが、iPhone の場合は画面の構造が違うためか、ひびだらけの画面であってもタッチパネルは普通に反応するんです。

だから、見づらさをガマンすれば、いまのまま修理せずに使い続けることも不可能ではないです。ただ、この見づらさは正直なかなかのもので、小さい字を読んでいると目がかなり疲れます。もはや iPhone で電子書籍を読むのは不可能です。

それに、ヒビだらけのものを頻繁に目にするという行為自体、精神衛生的にマイナスな気がします(笑) そんなわけで、買い替えのメリットを感じられれば、素直に買い替えたいところです。

 

そんな中、今日の日経新聞の夕刊一面に、とても気になる記事を発見しました。

 

iPhone モデル 更新サイクル1年延長

従来2年だった米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone」の大幅なモデル更新の周期が事実上1年延びる見通しだ。本来、大幅モデル更新となる今秋発売予定のモデルはカメラの性能向上など小幅改良にとどまる。スマホ機能の成熟化が背景。大幅モデル更新は2017年になる見通し。

(中略)

今秋にも発売される新型 iPhone の形状は現行モデル「6s」とほぼ同じで、主な改良点はカメラの機能向上やイヤホン穴の廃止など小幅にとどまる見通し。

ソース: 日経新聞 2016年5月31日(火)夕刊一面

 

最近の iPhone は 2年に一回の頻度で大幅なモデルの更新をしています。たとえば、iPhone 5 が出たちょうど 2年後に、 iPhone 6 が発売されています。

そして大幅なバージョンアップが無い合間の年には、小規模な機能改良版がリリースされるのが、最近の傾向でした(たとえば iPhone 6 の1年後に iPhone 6s が出た)

この規則からいくと、次のメジャーバージョンアップである iPhone 7 が出るのは今年 2016年ということになります。

しかも、最近は秋口に正式発表があって間もなく販売が開始されているので、その通りにいくならば、あと数か月ほどで次の iPhone 7 が出るということになります。

しかし先ほどの日経の記事によれば、メジャーバージョンアップの周期が2年から3年に延び、iPhone 7 は2017年ということになります。

もし 2016年に新しい iPhone が出ないか、出たとしてもちょっとした機能改善版だとしたら、わざわざ乗り換えるのはもったいないと思ってます。

ガラスの修理を正規のサービスに頼むと 14000円くらいかかりますが、それくらいであれば、私は買い替えより修理を選びます。

 

ここで気になるのは、この記事にどの程度の信ぴょう性があるのかです。

このニュースは、天下の日経新聞が報じているものなので、何らかの信頼できる情報源にもとづいた記事なのだと信じたいところですが、記事のどこを読んでも情報源についての記述がありません。「関係者の話によると」のような最低限の言及すらなく、一見するとネット上にあふれる憶測記事と区別がつきません。

もしかしたらスクープ情報を書く場合はこういう書き方をするのが普通なのかもしれませんが、そこらへんの書き手の常識がわからない私にとって、「世間の注目度のこれだけ高い製品について、あの日経新聞がソースに触れずにニュースを書くことがあるのか」というのがちょっと驚きでした。

 

ちなみに今現在の Yahoo ニュースの ITのコーナーを見ると、相も変わらず「iPhone 7 Plus の名前は Pro に変わる?」といった気の早い記事が掲載されています。

結局、iPhone 7 は 2016年になるのか、ならないのか? よくわかりません。

続報が気になるところです。

 

 - パソコン・ネット, 気になるニュース